スポンサーリンク
トレッキング

世界一登山者が多い山というだけあって人が多かったです@小仏城山-高尾山

2019年の初登山として、高尾山へ行くことにしました。高尾山だけでは物足りないと思ったので、小仏城山を経由するルートを選択しました。登山口から高尾山まではわりと静かな感じの登山となりましたが、高尾山山頂からは人が多く、登山というよりも観光といった感じが強かったです。高尾山は今回下りに使った1号路以外にも複数のルートがあるので、冬場のちょっとしたトレーニングとしてまた訪れたい山だと思いました。
キャンプ

みかん狩りもできるみたいです@オレンジ村オートキャンプ場

オレンジ村オートキャンプ場は、東京からのアクセスも良く、温暖な房総半島にあるので冬場などにはお勧めかもしれません。オレンジ村というだけはあり、みかん狩りも一緒に楽しむことが出来ます。今回人が多かったのですが、空いている時はわりと自由に区画が使えるようです。区画としては広場のサイトの海側がよかったので、そこを狙って空いているときに行くと良さそうです。
観光

紅葉が綺麗でした@亀山湖・養老渓谷

稲ヶ崎キャンプ場へ泊った翌日、近くの亀山湖と、紅葉一大スポットの養老渓谷へ行きました。12月初旬でしたが、温暖な千葉県ということもあり十分に紅葉を楽しむことができました。東京から近いスポットですが、亀山湖は初めてでしたし、養老渓谷もこれほど時間をかけて巡ったことはなかったので、よい観光になりました。また、昨日のリベンジとして、お昼は村のピザやカンパーニャでピザをいただきました。
キャンプ

〆・クリスマスキャンプ@ならここキャンプ場&掛川城

12月末。クリスマスにキャンプの二日目夜はクリスマスイブということもあり、コロダッチでチキンレッグを焼きました。翌日は、ならここキャンプ場から撤収した後、掛川城へ行きました。天守閣・御殿・茶室・竹の丸の4つの施設を周遊しつつ、お昼にはうなぎの甚八で満足のいくうな重をいただきました。
キャンプ

続・クリスマスキャンプ@ならここキャンプ場&八高山

12月末。本格的な冬に備えるため、マットとホットカーペットを買い足してクリスマスにキャンプに挑みました。2日目は掛川ルートで八高山に登りました。山頂までは林の間を歩く感じで眺望が望めず、単調な感じではありましたが、天気に恵まれたこともあり気持ち良く登れました。その後、しばちゃんランチマーケットへ寄り、キャンプ場へ戻るのでした。
キャンプ

クリスマスキャンプ@ならここキャンプ場

12月末。本格的な冬に備えるため、マットとホットカーペットを買い足してクリスマスにキャンプに挑みました。2泊3日なので、少し距離のある静岡県掛川市のならここの里にあるキャンプ場を選びました。掛川市から北上して軽く山を越えたところにあり、温泉も併設されていて設備的にも十分です。初日は蓬莱橋、道の駅掛川に寄ってキャンプを楽しました。夜はかなり冷え込み、初めてビールがおいしくないと思わされるのでした。
キャンプ

ネコとの闘い@稲ヶ崎キャンプ場

激安価格が魅力のフリーサイトは断念したのですが、オートサイトで快適に過ごすことができました。就寝中にネコにテントに忍び込まれて、夜ご飯の残りを食べられるという失態を犯してしまったのは反省です。近くには亀山湖があるため、ちょうど紅葉の時期だったのもありますが、観光も満喫したいと考えている方にはおすすめしたいキャンプ場だと思います。
トレッキング

アスレチックな感じ@伊予ヶ岳

稲ヶ崎キャンプ場に行く前のアクティビティとして、伊予ヶ岳に登りました。低山ですがロープで急な岩場を登っていくので、ちょっとしたアスレチック感が楽しめる山だと思います。サクッと登れるのでキャンプとの相性も良いと思います。
キャンプ

地層の見えるキャンプ場@秩父巴川オートキャンプ場

涼しくなってきた10月下旬、夏は避暑のために標高の高いキャンプ場へ行っていましたが、標高を求める必要が無くなりキャンプ場の選択肢が増えました。荒川近くでキャンプができるリバーサイトに惹かれて巴川オートキャンプ場へ行くことを決めました。実際に行ってみると荒川だけでなく、地層が見えたり、武甲山が見えたりと、周りの景観の良さにとても満足できました。
キャンプ

帰りにハプニングが発生しました@まつもと里山キャンプ場

美ヶ原トレッキングを楽しんだ後に、長野県のまつもと里山キャンプ場に行きました。松本市が近く高台となっているため、夜には夜景が見下ろせます。また、ゴルフ場併設のためか、フリーサイトの芝のコンディションがとても良く気がしました。
トレッキング

美ヶ原で絶景ハイキング@王ヶ鼻・王ヶ頭

まつもと里山キャンプ場のチェックイン前に、美ヶ原(王ヶ頭)へ登りました。登山というよりはハイキングに近く、ほぼ平坦な遊歩道を歩くことができるので初心者にもおすすめです。また、約2時間半の美ヶ原パノラマコースには牛がいる高原や美しの塔などがあり、最初から最後まで飽きずに楽しむことができるのも美ヶ原の魅力です。
トレッキング

関東以北で一番の標高の山を制覇@日光白根山

前日は日光白根山へのアクセスが良い丸沼高原オートキャンプ場に泊まり、3つ目の日本百名山へ挑戦しました。あいにくの曇りで景観は望めませんでしたが、残雪がある道を歩いたり、森林限界を超え普段とは雰囲気が違う道を歩いたり、急な岩場を下ったり、池を見ながらのランチなど、楽しめる要素は満載でした。また、天候の良い日に登りたいです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました