帰りにハプニングが発生しました@まつもと里山キャンプ場

スポンサーリンク
キャンプ

百名山の一つである美ヶ原へ寄り、長野県松本市のまつもと里山キャンプ場に行きました。東京からなかなか距離があり、美ヶ原でのハイキングを楽しんだ後だったので、かなり遅い時間の到着となりました。また、帰宅時にはハプニングが…。

スポンサーリンク

まつもと里山キャンプ場について

まつもと里山キャンプ場の基本情報について紹介させていただきます。

地図

基本情報

営業期間年中無休
住所長野県松本市長野県松本市寿北9丁目10
電話番号080-6930-1602
標高700m
東京からの距離222km(東京駅から中央自動車道経由)
サイトフリーサイト:約30サイト(芝サイト)
オートサイト:12サイト(AC電源有、区画サイズ10m×10m)
常設テント:1つ
予約方法電話予約 10:00~17:00 ※当日予約OK
利用時料金フリーサイト:3,000円(2名)
チェックIN/OUT13:00~/~12:00
おすすめ度(4.3/5)

詳細はまつもと里山キャンプ場のウェブサイトをご確認ください。

周辺観光と買い出し(1日目)

美ヶ原をトレッキング

自宅を出発するのが遅くなってしまったため、美ヶ原への到着は11頃になってしまいました。美ヶ原でのハイキングは4~5時間ほど見ておいた方が良いと思います。美ヶ原でのハイキングは以下の記事をご覧ください。

買い出し(ツルヤ並柳店)

買い出しは、キャンプ場に行く途中のツルヤ並柳店で済ませました。松本市が近いため、買い物などにはそれほど困らないと思います。

キャンプ場に到着!

受付

美ヶ原を出発した時間が遅くなったことに加えて、まつもと里山キャンプ場の正確な位置がナビに表示されなかったこともあり、キャンプ場への到着が遅くなってしまいました。薄暗くなってきたためか、曲がり道の看板に気づかず入り口を通り過ぎてしまいました。

これが気づけなかった看板です。ここを右に行くとキャンプ場でした。

キャンプ場には管理棟らしき建物がなく、 時間が遅いからか管理人らしき人も見当たりませんでした。どうしたらよいのか分からなかったので電話で到着した旨を伝えると、これから向かうので始めておいてくださいとのこと。しばらく経って、管理人が料金徴収に現れました。

設営

この日のフリーサイトは私たち含めて3組だったので、広々と使わせてもらいました。いつもなら、 「じゃじゃーん!!! 」と設営完了の写真を載せるのですが、今回は写真を撮っていませんでした…。

設営完了した時点でかなり暗くなっていたので、早々に夕飯の準備です。フリーサイトは 芝なので、焚火などをするときは芝を焼かないように、備え付けの板を敷く必要があります。

ゆーは、信州のビールをいただきまーす。

美ヶ原美術館の売店で購入したカマンベールチーズを使って、チーズフォンデュを作ります。

さらに、玉ねぎ、じゃがいも、人参などの野菜と、自宅から仕込んできたスペアリブをコロダッチに入れて焼きました。ダッチオーブンが勝手においしく調理してくれます。

スペアリブ完成!!

スペアリブにはクレイジーソルトを揉み込んでいたのですが、もうちょっと濃い味の方が良かったかなという感じでした。野菜は甘くトロトロです。

キャンプ場は高台になっているため、フリーサイトの端からは松本市の夜景が綺麗に見えました。この日はあいにくの曇り空でしたが、晴れた日には綺麗な星空も見えると思います。

施設の紹介

炊事場です。お湯は出ませんでしたが綺麗でした。朝、顔を洗いに炊事場に行くと小さなカエルがいました!!

トイレのある小屋です。男性の小便器は小屋の外側にあるので半露天のトイレになっています。

中は綺麗でした。ウォシュレットも付いています。

翌日

朝食

ゆーが、早朝からぼーっと現実逃避をしています。その先には何が見えているのでしょうか。

朝食は、ゆるキャン△のリンちゃんが作っていたスープパスタに挑戦してみました。簡単で美味しいのでお勧めです!!

ハプニング

撤収は慣れたものです。行きはゆーが運転をしたので、帰りはみーが運転をすることになりました。キャンプ場から帰るところの坂道で対向車が来ていることに気付き、避けようとバックしたのですが・・・

車をフェンスにぶつけてしまいました(泣)。レンタカーにオプションの保険を付けていたためお金はかかりませんでしたが、警官に来てもらって事故の状況を説明したり、帰りが遅くなったりして大変でした。はー、運転もう少しうまくならないかなー(byみー)。

諏訪湖SA(上り)

帰りも長距離ドライブだったのと、車をぶつけてテンションが下がっていたので、観光はせずに帰宅しました。途中諏訪湖SA(上り)に寄りました。眺め良しです。

お蕎麦屋さんでランチしました。美味しかったです。

まつもと里山キャンプ場の感想

朝出発したのが遅く、美ヶ原トレッキングも時間がかかってしまったので、まつもと里山キャンプ場に着く頃には暗くなってしまいました。そのため、着いてすぐにテントの設立をして、夜ご飯の準備をして…とかなり慌ただしいキャンプとなってしまいました。美ヶ原とキャンプをセットにしたいのであれば、もう少し早く東京を出るか、もう少し美ヶ原に近いキャンプ場を探すなどをしたほうが良いかなと思いました。

少しこじんまりとした感じで、設備の整っているというキャンプ場ではありませんが、松本市が一望でき、夜景も綺麗でした。チェックアウトも12時と遅めなので、ゆっくり過ごせると思います。なお、帰りに気が付いたのですが、キャンプ場のなかでも高台のところにあるオートサイトからの眺めが最高に良さそうだったので、今度はそこでキャンプをしたいと思いました!!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました