地層の見えるキャンプ場@秩父巴川オートキャンプ場

スポンサーリンク
キャンプ

2018年10月28日から1泊2日で秩父巴川オートキャンプ場へ行きました。秩父は観光で何度か来たことがありましたが、キャンプで来るのは初めてです。日曜日からの宿泊のため、夕方からは人も少なく、荒川のせせらぎを聞きながら静かに過ごすことが出来ました。

スポンサーリンク

秩父巴川オートキャンプ場について

秩父巴川オートキャンプ場の基本情報について紹介させていただきます。

地図

基本情報

営業期間3月中旬~11月末
住所埼玉県秩父市下影森2222-4
電話番号0494-26-5773
標高200m
東京からの距離116km(東京駅から関越自動車道経由)
サイト区画サイト(土)
予約方法電話・FAX
利用時料金リバーサイト:6,500円
チェックIN/OUT11:00~17:00/~10:00
おすすめ度(4.3/5)

詳細は秩父巴川オートキャンプ場の公式ウェブサイトをご確認ください。

周辺観光と買い出し(1日目)

道の駅 はなぞの

花園ICを降りてしばらく行くと、道の駅 はなぞのがあります。2017年にリニューアルオープンしたようです。2階は、ふっかちゃんに占拠されていました(ふっかちゃんミュージアムがあります)。

彩の国ふれあい牧場

特に予定は決めていなかったので、道の駅の後は少し寄り道をして、彩の国ふれあい牧場に寄りました。ヤギと触れ合える広場がありましたが、お腹が空いていたこともあり、ヤギは遠くから眺めるだけでお昼へ移動しました。

ニ八そば ひらい

お昼を探してみると、秩父周辺で人気のそば屋さんを見つけました。11時30分に開店と書いてあったので、開店間際の駆け込み狙いです。

11時30分前に到着しましたが、既にお店は開店していました。辛うじて空いている席があったので、並ばずに入ることが出来ました。食後は外に行列ができていました。

手挽き田舎そばです。色々とこだわりがあるようで、手挽きそばが数種類あります。メニューには、田舎そばと二八そばは少し食べにくいかもしれない、どれを注文するか迷う人は普通のもりそばをお勧めしますと書いてあります。私たちは普段食べる機会がないものの方が良いと思ったので、田舎そばを注文しました。量に限りがあるので、出せないこともあるようです。私たちの注文が最後だったようで、後から来た人は田舎そばが注文できないようでした。

買い出し(ベルク 影森店)

買い出しは、キャンプ場から車で5分程度のベルク影森店で済ませました。

キャンプ場に到着!

受付

管理棟で受付を済ませます。荒川沿いのリバーサイトを予約していたのですが、空いているので場所は見てから決めて良いとのことでした。

設営

リバーサイトには既に2組の先客がいました。隣との仕切りはありませんが、隣接していなかったのと、サイトが広いのでそれほど気になりませんでした。

目の前は川なので、夏には川遊びが楽しめそうです。

テント設営後は少し早めの焚火です。今までは火が消えそうになったらふーふーと吹いて頑張っていたのですが、今回は初の火吹き棒を使ってみます。感想、圧倒的に楽ですね!

created by Rinker
¥1,711 (2020/02/19 02:19:08時点 楽天市場調べ-詳細)

夕飯

ディナーの1品目は、かつおのたたきです。ありものは、すぐに食べ始められるのが楽で良いです。

ディナーの2品目はすき焼きです。すき焼きはいつ食べても贅沢な気分になります。少し寒い時期になってきたので鍋とも迷いました。アツアツの料理を食べられるのが最高です。ふたりなので、スノーピークのコロダッチが丁度良いサイズ感で、さらに焚火台のピコグリルにピッタリハマります。

花火

サイト内で花火をしました!!大人になっても花火は楽しいですねっ☆

手持ち花火はOKというキャンプ場が結構あるので、たまには童心に帰って楽しむのも良いものです。

施設の紹介

炊事場は2ヵ所ありました。ここはトイレ・シャワー室が付いている炊事場ですが、リバーサイトからは遠いので、トイレ以外ではほとんど使いませんでした。リバーサイトの炊事場は洗い場だけの簡素なものですが、洗い物をしたり水を汲んだりする分には不自由ありませんでした。お湯は出なかったと思います。

ちなみに、管理棟や炊事場などの建物はすべて、管理人さんたちが手作りされたようです。

こちらがシャワー室です。とても綺麗です。

トイレはウォシュレット付きでこちらも綺麗でした。

サイトの紹介

管理棟近くのオートサイトです。仕切りなどはあまり無いので、一杯だとどうでしょう?武甲山はばっちり見えます!

常設テントサイトもあります。キャンプ感の薄いテーブルとイスがあります。

周辺観光(2日目)

朝の風景

朝は霧がすごかったです。川沿いなので、夜冷えると霧が立ち込めるのかもしれません。

朝食

朝ごはんは鮭と油揚げの炊き込みご飯です。ごはんクッカープラスで炊きました。

レイトチェックアウトにしたので、焚火で焼き芋を作ってみました。さつまいもをアルミホイルで2重に包んで、熾火に放り込んで、ときどき向きを変えながら焼くだけです。ホクホクでとても甘く美味しかったです。

鴻巣コスモスフェスティバル

鴻巣でコスモスフェスティバルをやっていたので帰りに寄りました。他のコスモス畑も見に行ったことがあったのですが、ダントツで規模が大きかったです。なんたって、コスモスアリーナふきあげって建物があるくらいなので、力の入れ方が違うようです。

秩父巴川オートキャンプ場の感想

みーの地元、埼玉での初のキャンプになりました。荒川の近くでキャンプができるということでここのキャンプ場に興味を持ったのですが、実際に行ってみると荒川だけでなく、地層が見えたり、山が見えたりと、周りの景観が良くてとても満足できました。リバーサイトは夏であれば川遊びもできますし、子供が遊べる遊具もあったのでファミリーにもおすすめできそうです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました